庭木常緑樹

2/2ページ

クチナシの大株の剪定の方法はいつおこなえばいい

クチナシは白く可憐な姿からは想像できない程丈夫で、過酷な環境でも生育が可能な植物です。香りも非常に強くてかぐわしく、観賞用として庭に植えるのにも適しています。   クチナシの場合、大型の株になればなるほど根付きが悪くなるため注意が必要です。一度地植えに成功すれば、他の場所に植え替えたりする必要はありません。   スペースが狭い場所では根詰まりを起こしやすいので、春か夏になったら […]

南に庭木を植えるなら常緑樹と落葉樹どちらがいい?

家の立地にもよりますが日当たりの良い土地であれば、南は太陽の光がよく当たるので落葉樹がおすすめです。   落葉樹は春から夏に葉を茂らせて、秋から冬にかけて葉が落ちます。家の南側にあることで、夏の暑い日差しを葉がさえぎってくれます。   反対に冬には葉が落ちているので、太陽の光が部屋の中まで届き、温もりを感じることができます。   庭木が冷暖房にかかる光熱費を抑えてくれ […]

南天の木の剪定伸びすぎた木を適当な高さで詰める方法

南天は定期的に剪定すれば毎年ちゃんと赤い実をつける 南天は、赤い実をつける植物です。日本には古くから、お正月には南天を飾る習慣があり、私たちの生活において、大変身近な植物です。   南天の木は、定期的に剪定をする必要があります。剪定をすることにより、毎年ちゃんと赤い実をつけることができます。 南天の木剪定の仕方のポイント しかし、南天の木は伸びすぎるほど伸びますので注意が必要です。剪定の […]

オリーブの鉢植の剪定方法や時期は

ヨーロッパで馴染みがありオリーブの木は、日本でも洋風の家が増えるにつれ、庭に植えると合うことから育てる人が増えています。   オリーブは常緑樹ですから一年を通して青々とした葉をつけるので見た目も爽やかです。ただ生育が旺盛で枝葉をよく伸ばす性質を持っていますから、定期的に剪定をしなければ樹形が崩れたり、病害虫の被害にも合いやすくなります。 オリーブの剪定時期 剪定時期については、植えて3年 […]

庭木で常緑樹で刈込みにも強いものは

常緑樹の庭木で、刈り込みに強い性質をもったものがいくつかあります。   ツゲ そういった木は、その性質を利用して、よく生け垣に利用されます。まず定番として挙げられるのはツゲの仲間で、キンメツゲやイヌツゲが代表です。   枝が密に茂り、葉も小さい照葉で見栄えも良く、また成長があまり早くなく丈夫で、初心者でも扱いやすい木です。   マキ イヌマキやラカンマキといったマキの […]

シマトネリコという常緑樹は冬は葉が茶色になります

近年シンボルツリーとして庭に植えることがとても人気を集めているようですが、その中で人気の庭木として知られるようになったのがシマトネリコと呼ばれる樹木です。   シマネトネリコは常緑樹の一種であり、高さはおよそ15メートルにもなる樹木です。密集した葉には光沢があり、夏は涼しげで感がよく、6月〜7月には白い花を咲かせ涼やかな印象を与えることができるというところが特徴となっています。 &nbs […]

常緑樹のシンボルツリー日陰にも強い庭木は

シンボルツリーとは、その名の通り、家のシンボルになる大きめの樹木の事です。この樹木の選び方によって家や庭の雰囲気が大きく変わる事になります。   シンボルツリーに常緑樹を選ぶと、常に家や庭に緑がある状態となります。常緑樹の中には、日向に適した樹木と、日陰に適した樹木が存在します。   日当たりの良い場所に植えるのであれば日向に適した樹木を選ぶ事がお薦めですが、シンボルツリーを植 […]

庭木の常緑樹目隠しで洋風の家にも合う低木を調べてみた

たくさんの種類のある庭木ですが、四季を通して葉っぱのついている常緑樹で目隠しに向いている、洋風の家にも合いそうな低木の庭木を探してみました。   その中でも、暑さ寒さに強い、病気に強い、刈り込み、萌芽力がある庭木をピックアップしてみました。   目隠しの低木といっても、高さが約1.5m位はほしいところです。そして、生垣にしたいのかそれともピンポイントでその場所だけを隠したいのか […]