ヒョウタンボク

ヒョウタンボクの育て方・剪定・種類・花言葉について

ヒョウタンボクは紅い色をしていて毒のある果実が2つくっついて、ひょうたん状になるのが特徴で、名前の由来にもなっています。 若い枝は淡い緑色をしていて、軟らかい毛が密集して生えている訳です。古い枝になると灰褐色に変化して、樹の皮は縦の方向に裂ける性質があります。 涼しい山間地に生えている低木の落葉樹です。観賞用として鉢植えにしたり庭木に選ばれることも多く、初夏に甘い香りがする白い花が咲き、少しずつ黄 […]