ブドウの剪定のコツと剪定時期

ブドウの剪定のコツと剪定時期

ブドウの剪定のコツは、品種によって方法を変えることです。通常は芽の上や枝の先を切り落としますが、枝が枯れるのを防ぐために芽のところで切る犠牲芽剪定という方法をとります。

 

ブドウのつるは枝のように固い感触のため、枝が太いと小さなハサミで切れないことがあるので、切る前にいくつかハサミを用意しておくことでスムーズに作業を進めることができるでしょう。

ブドウの剪定作業を行う時期

作業を行う時期としては、木の活動が止まり葉が落ちることで枝の生長の様子を確認しやすい真冬の1~2月がよいといわれています。

 

この時期以外に行うと切り口から樹液が出てきて、樹勢を損なう可能性が高いので注意が必要です。

 

真冬の作業で、木が大きいと作業に時間がかかるため、しっかり防寒対策をして行うようにしましょう。

ブドウの剪定作業1年目

また、剪定は年数によって内容が異なってきます。まず1年目は植え付けをするタイミングで行い、株の生長を促すためにも樹高を切り詰めて植え付けを行っていきます。このとき鉢植えの場合は、株元から30センチほどの高さで水平に幹を切ります。

 

地植えの場合は地上60センチほどの高さで、鉢植えと同様に切りましょう。切り口に癒合剤を塗ると病気予防に効果的です。

スポンサードリンク

ブドウの剪定作業2年目

2年目は地植えなら垣根仕立てや一文字仕立て、鉢植えならあんどん仕立てにします。このとき生育が遅く弱いつるは切るようにするといいでしょう。

ブドウの剪定作業3年目

3年目以降になると、形ができあがってくるためそれぞれの品種にあった方法で作業をしていきましょう。ピオーネや巨峰といった木の勢いが強い品種は、実が結んだ枝に4~8芽ほど残し先端を切り落とす長梢剪定がおすすめです。

 

感覚を掴むまでは難しく、残す枝の選び方が重要となってきます。初心者の方は、木の勢いが弱いデラウェアやなどの短梢剪定から経験を積んでいくのがいいでしょう。

ブドウの短梢と長梢剪定

短梢は長梢と比べると作業が簡単で、熟練の技術が不要なため初心の方でも行え作業の時間短縮もできる方法です。比較的簡単に行える方法ですが、勢いよく新梢がでてくるため成長がゆっくりになるため、収穫時期が遅れる可能性が高くなります。

短梢剪定

長梢剪定

 

また、房の形が上部が出っ張るようになるため、販売方法を考え行う前に考えるようにしましょう。種なしブドウを作る場合は、管理もしやすく作業の効率も良いのでおすすめの作業方法です。

 

初心者の方は、まずは育てやすい品種からはじめ少しずつ作業に慣れていくようにしましょう。また、どういった経営をしていくかで選ぶことも大切です。