チャドクガに刺されないように早めの駆除とその時期は

チャドクガに刺されないように早めの駆除とその時期は

tyadokugakujyoふ化した状態のチャドクガ

チャドクガは毒素をもっており刺されると非常に強いかゆみが引き起こされますので細心の注意を払う必要があります。そのためには早めの駆除が大切であり、刺されるないようにしなければなりません。

 

チャドクガは基本的に4~6月頃と8~9月頃の年に2回ふ化して、3か月後ぐらいに成虫となります。ですから春先から秋頃にかけてチャドクガに刺される危険性が高く、特にサザンカ・ツバキなどの植物などを好む性質があり、それらの植物に卵を産みますので、家で庭木として楽しまれている方は注意しないといけません。

庭木を観察・・卵のうちから駆除しよう

また卵は冬であってもそのままになりますので、冬を越したから大丈夫だろうと考えるのは危険です。

 

このような樹木を好み繁殖してふ化しますので、ふ化以前の卵の時に駆除してしまうのが一番です。成虫してからも駆除することはできますが、卵の時は枝に寝ついていますが、成虫になるに連れ行動範囲が増え一斉に駆除するのが大変になりますから卵の時期に片づけてしまうのが良いのです。

 

成虫している状態であれば殺虫剤スプレーや薬を使用することになりますが、卵の状態の時は塊となって枝に寝ついている場合がほとんどなので薬を使用しても良いですが、その部分の枝ごと切り落としてしまう方法もありです。

 

卵の状態であっても、その部分や周辺で素手で触るのは危険になりますので手袋は着用してください。卵にもチャドクガの毒刺毛が付着しており、触るだけで手に刺さってしまい毒に触れてしまいますから基本的に肌を露出しないで作業することをおすすめします。

スポンサードリンク

早めの駆除なら市販のエアゾール剤で駆除

お庭などのちょっとしたスペースでなら手作業でもできますが、広範囲に広がる前にホームセンターなどで販売している毛虫専用のエアゾール剤で駆除する方法もあります。

 

まあ、庭木の初期段階の駆除でしたらこのエアゾールでも大丈夫でしょうが、だいぶひどくなった状態ですと噴霧器で散布して駆除する方法もあります。これは、専用の薬剤を水で薄めて散布することになります。

funmuki

 

チャドクガ駆除に効果のある薬剤としては、オルトラン水和剤・トレボン・スミチオンなどがあります。

 

しかし、薬の散布は広範囲で行うため費用が掛かり、それだけ繁殖している可能性が高く定期的にしなければなりません。駆除をする時期としてはふ化する前や成虫になる前が良いので、春前や夏前といった頃が良いのではないでしょうか。

チャドクガの駆除する費用はどのくらいかかる

また費用の方ですが本格的な薬の散布になりますと業者に依頼しなければならず、木の本数や範囲などで変わってきます。規模にもよるのですが1万円から3万円ほど掛かると考えていた方が良いでしょう。

 

ふ化する以前の状態でそれほど繁殖していないのであれば、先ほどもいったように自分で見つけて枝ごと切り落としたり、市販の殺虫剤スプレーを使用すれば良いので、それほど費用は掛かりませんが、万が一刺されないように注意して作業する必要があります。