トキワマンサク生垣の剪定スカスカなんだけどどんな剪定すればいい

トキワマンサク生垣の剪定スカスカなんだけどどんな剪定すればいい

トキワマンサクは、4月-5月にきれいな花を咲かせ花が終わって8月頃には葉の付け根に花芽が作られます。トキワマンサクは花を楽しめる生垣として人気がありますが慣れていなと、どのように剪定したり管理してよいかが分からず、戸惑ってしまうことも多いです。ただ、それほど難しいものではないので少しずつ経験を積んでいくようにすれば、次第に処理ができるようになります。

 

気をつけた方がよいのは、自分の好き勝手なやり方で剪定作業を行わないようにすることです。正しいやり方で作業を進めていかないと、望みどおりの仕上がりにならなくなってしまいます。

 

トキワマンサクは、非常に強い萌芽力を持っていますので生垣として使用する場合、どうしても花を犠牲にすることになってしまいますので剪定作業を行う時期にも注意しなければなりません。

トキワマンサク生垣の剪定時期はいつがいいの

トキワマンサクは、花が咲き終わった後(5月-6月)に、剪定作業を進めていくようにします。特別なことをしなくても見た目などを楽しむことができるのですが、生垣として活用していくには、それなりに剪定などの作業をした方がよいです。また、12月-1月の間にも枝を揃える程度の剪定をしてもいいでしょう。

 

スポンサードリンク

間違った時期に作業を行ってしまうと、次に発芽するときに支障をきたす場合もあるので気を付けましょう。生垣を育てる場合にはある程度までは、大きく成長させることを意識して、放っておくことも大切なのです。

植えて間もないトキワマンサクの剪定は必要なし

植えて間もないスカスカの状態のときは、あまり剪定作業などは行わないようにします。どのくらいまで成長させたいかは人それぞれなので、いつ作業を開始すればよいかは一概に言えません。

 

しかし、生垣としての役割を果たすことができる水準までは成長させるのが望ましいので、高さを、何メートルまで成長させるのかを決めておくことが大切です。その段階になって、本格的に剪定の作業を進めていくようにすればよいです。

 

トキワマンサクは先端部の成長が著しいので、剪定をするなら途中の枝先などにします。生垣としてトキワマンサクを使用していく場合には、隣家との関係なども意識しながら、適切な手入れをすることも大切です。