落葉樹

1/2ページ

ロウバイの花が咲くように剪定で気をつけること

ロウバイは早生種で12月頃、晩生種でも2月位には花を咲かせる樹木です。蝋梅というように梅という漢字が入りますが、バラ科ではなくロウバイ科に属する樹木になります。   黄色い花が特徴的ですが、毎年きれいに花を咲かせるためには剪定が重要です。剪定は枝を切って樹形を整えたりしますが、植物に応じて切る時期や切る箇所を変えなければいけません。   ロウバイの剪定は花を咲かせるためにも重要 […]

モクレンの剪定・・大きくなりすぎたモクレンを強剪定する方法と時期はいつがいい

白くて優雅な花を咲かせるモクレンを植えたまでは良かったものの、大きく成長し過ぎてしまえば扱いに困ってしまいます。大きく成長したなら、剪定作業を行えば良いわけですが、知識を全く持たない素人がむやみにやると、花が咲かない木になってしまう危険がありますので、慎重に行いましょう。   モクレンの花が咲く季節は春頃です。春に開花する準備を進めるように、夏頃に花芽が出来始めます。7月から8月くらいで […]

シャラの木の葉が枯れる!何が考えられるその原因と対処方法は

シャラの木はツバキ科の耐寒性落葉高木です。 ツバキ科の木は常緑樹が多いのですが、この木は落葉樹と言うのが大きな特徴です。 夏に花を咲かせ、木の高さが10mから20m程度に成長させる事が出来る為、一般家庭ではシンボルツリーとして利用する人もいます。 シャラの木はデリケートな木気を付ける点は ただ植える場所に気を付けなければいけないデリケートな木です。 また、成長してからの移植を嫌う為、最初から植える […]

ブラックベリーの剪定と肥料の方法と時期について

ブラックベリーは生育旺盛で育てやすいです。地植えでも鉢植えでも丈夫に育ちますが、枝がのびて実がなると重さで枝が垂れ下がり、地植えの場合は雨が降ると実が泥で汚れたり、アリや虫が寄ってきますから、上手な枝作りが必要です。   1本だけでも実がなり、毎年新しい枝が元気にのびてきます。5月~6月頃濃い緑の葉の間に小さな淡い薄紫の花をたくさん咲かせます。   7~8月にはやがて赤い実にな […]

エゴノキの剪定の時期は・・・剪定を避けるべき時期はいつ

日本を原産国とするエゴノキは、たくさんの白い花や、薄ピンクの花が咲くことから人気があります。また、下に垂れさがる小さな花はとても可憐であることから、雑木の庭にも広く活用がされています。   特徴とては、地味で素朴である反面、10m近くにまで成長することがあり、自然に放置をした場合などでは、非常に大きく育つことになります。   また、枝が上に伸びるのではなく、比較的横に伸びること […]

スモークツリーの種類はどんなものがある

スモークツリーとはヨーロッパから中国周辺に分布しているウルシ属に近縁の落葉樹で、雌雄異株という特徴を持っています。   初夏に咲く花木の代表として知られていて、雌木の枝先につく花序は長さ約20cmで多数枝分かれし花後に伸びた花柄が遠くからは煙がくすぶっているように見えることからスモークツリーと呼ばれているとされています。   ただしスモーク状に見えるのは雌木のみとなっており、雄 […]

南に庭木を植えるなら常緑樹と落葉樹どちらがいい?

家の立地にもよりますが日当たりの良い土地であれば、南は太陽の光がよく当たるので落葉樹がおすすめです。   落葉樹は春から夏に葉を茂らせて、秋から冬にかけて葉が落ちます。家の南側にあることで、夏の暑い日差しを葉がさえぎってくれます。   反対に冬には葉が落ちているので、太陽の光が部屋の中まで届き、温もりを感じることができます。   庭木が冷暖房にかかる光熱費を抑えてくれ […]

ヤマボウシの剪定方法 葉芽と花芽の見分け方

ヤマボウシは人気のある木 ヤマボウシは公園や街路樹、個人宅の庭にも植えられている樹木で、白やピンクのかわいらしい花を咲かせてくれるため人気があります。   ヤマボウシは成長すると、5m~10mほどの高さになりますから、地植えをするときは広いスペースを用意する必要があります。   地植えにした場合は、自然樹形に仕立てれば剪定なども、枯れてしまった枝や株元から伸びた枝を定期的に取り […]

ハナミズキの透かし剪定の方法は

ハナミズキは、一カ所から放射状に何本も枝が出やすいため、透かし剪定を行うのが一般的です。 透かし剪定とは 透かし剪定とは、込み入った不用な枝を、根元から透かすように整理する方法で、葉芽や花芽の区別なく、不用な枝ごと根元から切っていきます。   長く伸びすぎてしまった枝は、開花をみた後に、来期の冬剪定で調整していきます。   透かし剪定をする際には、切らなければならない枝を見極め […]

サルスベリの剪定時期とこぶの剪定はどうすればいい

サルスベリの特徴 サルスベリは、幹の成長に合わせて樹皮が剥げ落ちる為に滑らかな新しい樹皮となるので、猿も滑り登れない事からその名がついたとされる一方で、花が7月から9月の約3カ月間の100日間つぎ次々に新しい花が咲き乱れる事から百日紅とも呼ばれています。   サルスベリは、一般的に1年で50cmから100cm程度新しい枝が成長するとされているので、剪定方法としては太い枝と細い枝の境目で短 […]