徒長枝

徒長枝ってどんな枝が知っていますか?

徒長枝とは伸ばしっぱなしの枝の事を言います。特に枝が強くしなりもしっかりしているので、ぶつかると痛みを感じてしまうほどの枝を指しています。   読み方もなじみがありませんから知らない人も多いのですが、「とちょうし」と読みます。一方向に伸びるはずの枝がほかの枝に絡むように伸びている枝の事を指したり、葉と葉の間に距離がある枝の事を指したりしますが、いずれにせよ樹形を崩してしまうために剪定が必 […]

イロハモミジの剪定|徒長枝が出ないように剪定するには

イロハモミジは、日本では最もよく見られる落葉高木で紅葉の代表種です。東アジアに自生し、日本では本州以南の平地から標高1,000m程度にかけての低山に多くみられます。   本種により作られた園芸種も多く風情のある樹形や色彩が好まれて庭木としても人気のある一つです。葉は、長さ3.5~6㎝、幅3~7㎝で掌状に深く5~9ほどに裂け、裂片には不揃い重鋸歯が理あり、先が長く尾状にのびている。秋には黄 […]