バラ

薔薇のうどんこ病の原因と対策の方法は

様々な品種がある薔薇には、病気にかかるリスクがあります。病気として知られているのが、うどんこ病という症状です。葉の部分やつぼみの部分などに、白い粉が発生するのが特徴です。 この粉はカビであり、カビが付着したままだと成長を阻害されてしまいます。葉の部分で十分に光合成ができなくなるからです。感染した状態だと、葉がまっすぐに伸びず、裏側に丸まるように生えてきます。 バラのうどんこ病の原因について 対策を […]

シュラブローズの夏の剪定と冬の剪定について

シュラブローズは、長く枝を伸ばせば小さいサイズのつるバラのように仕立てることができ、木立性のバラとしても利用できるバラです。   花の色の種類も豊富で、大きさも大輪の花から小輪のものまであるので好みに合わせてレア部ことができます。 シュラブローズの中で夏に剪定が必要な種類 シュラブローズの中でも夏に剪定が必要な種類は四季咲き性のもので、一季咲の種類は夏には行いません。   四季 […]

バラの葉が黄色になるのはなぜ?病気・栄養不足

元気なバラの葉が黄色になるのは主に夏場やそれ以降にあります。原因について病気と老化、夏バテについて説明したいと思います。 バラの葉が黄色になる原因・・病気 原因としては病気で考えられるのは、黒星病ですが葉に黒い斑点が見られない場合は、老化か夏バテによるものが考えられます。   ちなみに黒星病だと仮定すると、黒星病の主な原因は、雨水や水やりの時に水が跳ね返り病原菌が葉から侵入して、黒くにじ […]

バラの花束を挿し木にする方法

花束などの切り花のバラを挿し木にする最適の時期は、5月後半~10月頃までとなります。   新種などの発根は難しい時もありますが、大抵の場合この時期は湿度が高いため挿し穂が乾燥しにくく、初めての方でも成功しやすいです。 バラの挿し木で用意するものは 用意する物は、革手袋、プランター、割り箸、新品のカッター、小粒の赤玉土、発根促進剤です。 バラの花束を挿し木にする方法 バラの花を切り落とし、 […]

バラの植え方と管理のポイント

バラを購入し初めに行う事は、バケツに水を入れてバラ苗に水分を吸わせる事です。根っこごとバケツに入れて給水させますが、市販されている善玉菌などがあれば同時に入れます。   目安としては4時間~8時間もあれば十分なのでその後植え付ける様になります。 バラの植え方鉢植えにする場合 鉢植えにする場合は、根の大きさの2倍程の鉢を選び植えていきます。その際に根の剪定をする必要があり、先端が黒ずんでい […]

バラの寒肥の配合はどのくらいがいいの

バラはとても華やかな植物のひとつであり、その香りも良いため好きな花であるという人は多くいます。また、そのオイルも香りが良く石けんやシャンプー、香水にも利用されているほどです。   しかしながら、大きな庭園で華やかにして育てられているイメージがありますが、そんなこともなく一般家庭のお庭でも手入れをしっかりとしてあげれば理想的なサイズで自分好みの庭を作り上げる事ができるのです。 寒肥はバラに […]

モッコウバラの混み合った不要な枝の剪定と剪定時期は

モッコウバラは、バラの中でも病気や害虫に強く、トゲもないため初心者でも育てやすい、バラの入門とも言える植物です。   中国原産のつる性のバラであり、白色・黄色の2色の花を咲かせて、薄い香りを放ちます。開花すると、枝先にはたくさんの花が咲きます。   しかし生育が旺盛であるため、枝ばかりが伸びて花が咲かなかったり、花つきが悪くなりがちであるため、初心者向きといえど剪定は必須です。 […]

モッコウバラの色は白と黄色どちらがいいかな

モッコウバラは中国原産のバラの原種で、常緑つる性低木に分類されます。バラの一種であるものの、バラのように棘がないので扱いやすく、性質も強健で病気にもかかりにくいため、育てやすい品種として人気が高いです。   そのためバラを育てたい初心者にも向いています。モッコウバラの色は黄色と白色の2種類で、それぞれに一重咲きと八重咲きがあります。   一般的にモッコウバラは、黄色の八重咲を指 […]

モッコウバラの誘引時期はいつごろがいいの

モッコウバラは中国原産で、江戸時代に日本に伝えられた品種です。インド原産の植物からとれる芳香剤のモッコウと似た香りだったことから名付けられました。   バラの一種ですが、一般的なバラよりも強健で育ちやすく、棘もないため、バラを育てたい初心者にも最適な品種だとされています。 モッコウバラの特徴は モッコウバラには、黄色と白色の2種類の花色があり、それぞれ一重咲きと八重咲きがあります。 &n […]