ツツジ

きれいな花を咲かせよう!ツツジに肥料を与えるタイミングとは。

ツツジは、日本の気候によく合った植物で、あまり手をかけなくても元気に花を咲かせるため、初心者にも育てやすい植木です。   肥料を与えなくても枯れてしまうことは少なく、花を咲かせますが、色鮮やかでびっしりとたくさんの花を咲かせるには、適切に肥料を与える必要があります。   肥料を与えるポイントは、肥料を与える時期と、肥料の種類の二つ。この二つのポイントをしっかりおさえて鮮やかな色 […]

ヒラドツツジとオオムラサキの違いは

オオムラサキツツジの特徴 「オオムラサキ」とは「オオムラサキリュウキュウ」「オオサカズキ」「ヤマヒメ」とも呼ばれるツツジで、ツツジの中では一番大きく、普通「ツツジ」というと、この種類を指します。   常緑の低木で葉は枝先に集まり、大きな花を咲かせます。丈夫で大きな株に育つので、公園や道路沿いなどで目にすることが多いツツジです。   4月中旬から5月の間に赤紫の直径10cmほどの […]

ヒラドツツジ花を咲かせるための剪定の方法と時期

ヒラドツツジの開花時期は地域差もありますが、だいたい4月から6月ころになります。この時期には、低い木に大き目の花が咲き見る人の目を楽しませてくれるでしょう。   ツツジにはさまざまなカラーバリエーションがあり、全国でツツジ祭りなどが行われます。春から初夏へ向けて季節が変わる象徴のような花でしょう。 ヒラドツツジはあまり寒さに強くない ツツジは低木なので、垣根などにも使われることもあります […]

ツツジの種類には常緑と落葉・・花の色も色々庭に植えるなら

ツツジとはツツジ科の植物のことをいいます。おおむね常緑もしくは落葉性の低木から高木で、葉は常緑または落葉性で4〜5月の春先にかけて花を咲かせます。   自生している以外にも。園芸用として後輩によって多くの種類があるのが特徴的な植物です。   分類法も植物学的なもの以外にも、園芸的なもので分けられることもあります。   園芸種は栽培が簡単であることから庭に植えたり、鉢植 […]

ヒラドツツジの花の特徴と育て方

ヒラドツツジは、長崎県の平戸市で栽培されたことからその名がつきました。ケラマツツジ、モチツツジ、キシツツジなどの交配種で、交配が何度も重ねられたため園芸品種は多数あります。 ヒラドツツジの花の特徴 常緑低木で4月から5月頃に、枝先に大きな花を咲かせます。花の色は白やピンク、赤、赤紫などがあり、色の濃淡も様々あります。刈り込みに強く萌芽力も強いのが特徴で、街路樹としてもよく使われています。 &nbs […]

ツツジとサツキの違いはどこが違う

写真  左 サツキツツジ         右 オオムラサキツツジ   サツキと言われているのは、実際にはツツジの一種となっていて、正式にはツツジ科ツツジ属のサツキツツジといい実際にはツツジの仲間にはいります。   でもみなさんがよく道路や公園などで目にしていてサツキとツツジの違いがわかりやすい一般的なツツジというと、オオムラサキツツジだと思います。   このオオムラサ […]

ドウダンツツジの生垣どのくらいの間隔で植えればいい?

春に白いツボ状の小さい花を咲かせ夏にみどり色の葉、秋には紅葉と四季折々の顔を見せてくれるドウダンツツジ・・・生垣として非常に好かれているみたいで、いろんなところで見かけますね。   ドウダンツツジを生垣にしたいんだけど、実際にどのくらいの間隔で植えればいいの?   間隔を詰め込みすぎると狭くなるし、生育を見込んで離しすぎるとどうも隙間が目に付きます。 そんな疑問にお答えします。 […]

ドウダンツツジの剪定時期と花が咲かない理由を考えてみた

ドウダンツツジは、日当たりと排水のよい土壌を好み日本中に庭木として使用され、自然樹形のほか玉仕立てや生垣によく使用されている庭木です。   萌芽力が強く刈込みにも耐え小枝を密生させます。4月頃に白いツ状の花を咲かせ秋には紅葉します。そんな1年中楽しませてくれるドウダンツツジの剪定時期とその方法について紹介していきます。   また、ドウダンツツジの花が咲かないということが多いみた […]

ツツジの病気・・葉が「もち」のように膨れるもち病の予防と対処法

こんなに綺麗に咲くツツジの花ですが、気持ち悪いほどに葉が膨らむツツジのもち病という病気をみなさんはご存知でしょうか。   この、もち病という病気は、ツツジ類(サツキツツジ、オオムラサキツツジなど)とツバキ類(ヤブツバキ、サザンカなど)だけに発生する病気だそうです。   その、もち病についての予防と対処法について説明していきたいと思います。   ツツジのもち病の発生時期 […]