コニファー

コニファーの剪定高さを詰めるにはどうすればいい

コニファーとは一つの植物の名前ではなく、マツやスギ、ヒノキなどの針葉樹の総称で一年中緑の葉を備えている常緑樹なので、外から庭や家の中が見えないように生け垣などによく利用されています。クリスマスツリーとして飾り付けをされていることも多いのでみたことがある人も多いのではないでしょうか。   特に頻繁な手入れをしなくても枯れることが少なく、どんどんと成長してくれるのが特徴なのです。ただ成長力が […]

ゴールドクレストやコニファー類が茶色く枯れた部分の手入れ

コニファー、特にゴールドクレストは、最近はクリスマスツリーとしての需要も増えている常緑樹です。もし枯れてしまったら、どうすれば良いでしょうか? 生き物だから基本的な手入れはしっかり 基本的に、コニファーは乾燥に弱い樹木です。ですが、水をやりすぎると根腐れを起こしてしまうのは他の植物と一緒。基本的な水やりは、土が乾いたらたっぷりと、というのも一緒です。ここを気をつけながら、温風や冷風が直接当たらない […]

コニファーの植え付けは高さの設定と葉張りを考えて

コニファーは針に似た針葉樹の総称で、裸子植物が丸みを帯びた実を付けることからそう呼ばれています。種別でいうと球果植物門のうち園芸用の品種をさします。最近ではクリスマスツリーにも利用されています。住宅事情に合わせた利用が可能ですから、庭木は管理が比較的簡単です。   昔から日本でもおなじみの針葉樹ですと、日陰に弱い品種にはヒマラヤスギやビャクシンがあり、逆に日陰に強い品種にはスギやヒノキな […]

日陰でも耐えることができるコニファーの種類ってあるの

自宅の庭やベランダなどでガーデニングを楽しんでいるという人は多いですが、数多くある植物の中でも人気が高いのが、コニファーです。欧米産の品種であるだけに、洋風の住宅でのガーデニングに最適で、クリスマスツリーとしても広く親しまれています。 ガーデニングを楽しむにあたっては、自宅の日当たりや風通しなどがネックとなり、育てたい植物が育てられないというケースも多いものですが、コニファーには日陰でも耐えること […]

ゴールドクレストの剪定するとイビツになるどうすればいい

ゴールドクレストは針葉樹で園芸用に開発された品種です。黄緑色の明るい印象が、冬の庭先を華やかに演出してくれるので人気があります。   ゴールドクレストは表面と同様、内側部分の枯れ木をきちんと取り除いてあげることが大切です。枯れた葉を残したままにしておくと、中から虫がわいたり、病気にかかり腐ってきたりすることがあります。 ゴールドクレストの剪定時期はいつがいい この木の剪定時期ですが、真夏 […]

コニファーを生垣にしたい間隔はどのくらいに植えればいい

プライバシー保護を考えると、家の前に目隠しを作るのは妥当な選択でしょう。ただこの時にブロックを並べた塀などを用いると、殺風景で味気ない印象になりますね。   やはりコニファーのような樹木を活用して通行人の目から見てもやさしい自然の目隠しを作るほうが、見た目的にもセンスのいい方法といえるのではないでしょうか。   ただコニファーは成長する樹木なので、ブロック塀と違って将来的な事も […]

大きくならないコニファー の種類は

クリスマスによく見かける「コニファー」クリスマスツリーはゴールドクレスという品種が有名ですが、一般的にはマンションの目隠しや住宅街の仕切りとして用いられることが多いです。   太陽に向かって伸びるように育つコニファーは、そのまっすぐな成長ぶりからも未来を目指す姿に似てるとされ「エネルギーをくれる植物」とされ、また比較的育てやすく成長力が高い植物なので、手軽にガーデニングが楽しめる植物とし […]

ゴールドクレストの剪定時期はいつがいい

ゴールドクレストとはヒノキ科イトスギ属の針葉樹で、コニファーの定番として安定した人気のある品種です。   円錐形のこんもりと茂った形から、クリスマスツリーとしてもよく用いられます。ゴールドクレストは寒さに強いものの、反面暑さにとても弱く、特に日本の夏のような高温多湿な環境ではきちんと剪定を行って風通しを良くしておかないと、夏場の蒸れで変色したり枯れてしまう可能性があります。   […]

エレガンテシマの剪定時期はいつがいい

エレガンテシマはヒノキ科・コノテガシワ属の樹木で、コノテガシワの仲間で、大きく育ちやすく管理が簡単なのが特徴です。   生育が早く、放っておくと一年に約30センチ以上伸びて8m程度は簡単に生長してしまいます。鮮やかで美しい緑色の葉を持ち、先端はやや黄色みを帯びています。   秋には緑色の葉が茶色になり、初めてエレガンテシマを育てる場合は枯れたように見え驚く人もいますが、枯れては […]