新築でシンボルツリーを決める場合にどのような点に注意すべきか

新築でシンボルツリーを決める場合にどのような点に注意すべきか

家を新築物件として購入したり、注文住宅として建てる方もいますが、入居する際には記念にシンボルツリーをエクステリアに植えることも現在では人気のある方法です。

 

新築でシンボルツリーを決める場合では、注意すべき点などがあるので、いくつかの内容を事前に知っておくことが大切でしょう。

 

シンボルツリー選びに関しては、樹木の種類で選び出す方法になり、例えば季節によって花が咲く樹木を用いたり、実がなる樹木を選ぶ方法、落葉樹や常緑樹の分類によって選び出す方法などもあり、その数は非常に豊富な種類が存在しています。

シンボルツリーを選ぶ注意点1

注意すべき点に関しては、それぞれの樹木の成長度などを確認することも大切です。

 

植える際には小さなシンボルツリーであっても、中には10年程度が経過してしまうと、巨大な樹木に成長してしまうものもあり、根のはり方に関しても種類で異なります。例えば住宅に近い場所や、外塀に近い場所などに植えてしまった場合では、成長してしまうことで弊害が起きてしまうことがあります。

 

スポンサードリンク

樹木によって家が損壊してしまったり、根が伸びることで水道管や住宅の基礎部分、外塀などを壊してしまう可能性も出てくるので、植える場所をしっかりと見極めることも大切なことです。

 

ある程度の広い敷地がない住宅の場合では、あまり大きく成長しない樹木を選ぶこともポイントでしょう。

 

シンボルツリーを選ぶ注意点2

他には落ち葉の問題が出てしまうこともあり注意点になります。落ち葉は通常では秋の季節に多く出るものとして知られていますが、樹木の種類によっては大量の落ち葉が出てしまうこともあり、風によって近隣住宅へと広がってしまうこともあり、近所迷惑になる可能性があります。

 

樹木のなかでも落葉樹は冬には葉っぱを落としますので、葉っぱが気になる方には常緑樹の方がよいのではないのでしょうか。

 

したがって、新築でのシンボルツリー選びには、相応しい場所に相応しい樹木を選び出すことが何より大切です。