シンボルツリーは仕立ててかっこよく育てよう

シンボルツリーは仕立ててかっこよく育てよう

シンボルツリーをかっこ良く仕立てるには、まず自分の中での理想と育てる環境のバランスを考える事から始めるのがいいのではないでしょうか。

日当りや風の通り方、家とのマッチ感、周囲の迷惑にならないか、など植える場所の状況によって、選ぶ木々も変わってきます。

 

例えば、秋の木漏れ日や紅葉を味わいたいという理想があった場合、美しく仕立てられたカエデの枝葉のすき間から注ぎこむ光と紅葉はとても素敵な風景になるでしょう。

 

しかし、隣の家とのすき間があまり無い場合には、これが近隣関係の悩みの種にもなりかねません。

 

カエデは落葉樹なので、落葉の時期になれば掃除の手間やご近所に対する気遣いに気を使わなければならなくなり、いくらかっこ良い木であっても、あまりいいものとはいえない場合もあります。

 

いろいろな状況を考え、あなたの生活に最もマッチしたシンボルツリーを選びましょう。

日本風の庭園がお好きな方には松や梅など・・・

日本風の庭園がお好きな方はやはり、松や梅、モチノキ、コウヤマキなどがシンボルツリーとして比較的人気が高いです。

 

特にモチノキは葉が美しく、刈り込みが比較的簡単で仕立て方によって見栄えがとてもよいです。松は、直幹仕立て、曲幹仕立て、斜幹仕立てなどがあります。

花木の中で比較的仕立て方が簡単なシンボルツリーは

季節を彩る花木は心をなごませてくれますね。花が咲く庭木のなかで人気があるのが、ヤマボウシ・ハナミズキ・トキワマンサク・ジンチョウゲ・キンモクセイなどがあります。

 

このような、花木は仕立て方が比較的かんたんです。ヤマボウシ、ハナミズキなどは、自然系仕立てで混みあった枝を抜く程度で手入れが簡単です。

 

スポンサードリンク

トキワマンサク、ジンチョウゲ、キンモクセイは、刈込み剪定で、仕立てれば自由に高さ形を変えることができます。

 

また、花を長く楽しめる庭木としては、サルスベリがあります。こちらの花は開花期間が長く、少しの本数でも美しさを長く楽しめます。でも欠点としては、樹木が大きくなり狭い庭には向かいないこと仕立て方を間違うと樹形が崩れてしまいます。

好きな香りで木を選んで仕立ててみる

また、好きな香りで木を選んでみるのもいいかもしれません。有名なものであれば、キンモクセイの香りは秋の訪れをつげ、オレンジの小さくてかわいい花と合いまって何ともいえない情緒があります。

 

その他には、クチナシ・ジンチョウゲ・ミモザ・ウメなどがあります。こちらの樹種も比較的仕立て方が楽な木になると思います。

植える場所・植え方・仕立て方によって美しさも格別

シンボルツリーを選んだら、次は植える場所です。日本の庭は総じて狭く、海外のような庭はあくまで理想の世界でしかない気もします。

 

ですが、植え方によって庭は広く見え、さらに仕立て方によってはとても美しい仕上がりになるのです。

 

例えば窓に沿って低めの紅葉を植えれば近隣に迷惑になる事無く紅葉を楽しめ、その近くに常緑樹を植える事で、バランスをとる事もできます。

また大きく育つ木はどうしても庭の奥に植えたくなるものですが、実は手前に植えた方が良くなる場合もあります。

 

大きな木を手前に植え、小さめの木を奥に植える事で、全景を見たときにきれいな奥行きが生み出されるのです。

 

シンボルツリーを植えただけでは、いい物はできません。
盆栽でもそうですが、植物とのおつきあいは、気長に、丁寧に、が一番だと思います。家に対する愛情と共に、家族と一緒に育っていく植物にも沢山の愛情を与えて育ててあげてください。