剪定した枝や葉の処分方法は

剪定した枝や葉の処分方法は

庭の手入れを行う際の植木や草の剪定は必須事項です。放っておくと景観を損なうだけでなく枝葉が好き放題に延びてしまい、近所への迷惑になってしまう可能性があります。

 

日々の生活を気持よく、人を招いても恥ずかしくない土地を維持するためには必ず、手入れを怠らないようにしましょう。しかし、剪定をする際の量や規模にもよりますが、なかなか自分だけの力ですべてを終わらせるのは難しく、かなりの重労働になります。

 

せっかくの休日がそれだけですべて潰れてしまったり、業者に頼めば予算がオーバーしてしまう可能性もあって、容易にはいきません。

 

そんな中でも枝や葉の手入れにおいて多くの人が困惑してしまうのがその処分の方法です。

枝葉の処分に困ったらまずは自治体に相談

生えていたときにはさほど気にならなかったものでも、いざ剪定してみると、思った以上の量が溜まってしまうことが少なくありません。

 

当初はゴミ袋に小分けにして捨てれば良いと考えていたものの、気づけば軽トラック一台分ほどの量があり、にっちもさっちもいかなくなる人がいます。

 

スポンサードリンク

当然、それらを回収してくれる業者もありますが、かなりの予算がかかってしまいます。そこでおすすめの処分方法は、まずは自治体に枝葉の処分をどのようにすれば良いのか相談することです。

お金を掛けたくないのであればこまめに手入れ

然るべき場所に廃棄する旨を指示された場合は、業者を頼むのではなく、レンタカーを借りるという方法があります。軽トラックであれば比較的安価で借りることができますし、時間を指定して業者を待つ必要もありません。

 

車代だけで済みますので予算もかなり安く抑えられます。また、一切の費用を掛けたくないという場合は、やはりこまめに手入れをして出た枝や葉の処分を通常のゴミと一緒に出してしまうという方法があります。

 

期間を定めて枝を観察し、ある地点から先へ伸びた場合は切ると決めておきます。そうすれば、一度に出てくる量はそれほど多くなく、通常のゴミと一緒に出しても問題はありません。

生活スタイルに合わせて処分しましょう

それぞれの生活スタイルと、予算に合わせて処分方法を決めるのが賢い選択と言えるでしょう。一度にかかる費用が多少高くても総合的に考えれば安く済むという場合もあります。

 

庭の敷地に余裕があって、ある程度伸びた段階でも近所に迷惑をかけるようなことがないのであれば、この日にゴミを出すと時期だけ決めておけば、ややこしい予算の計算などはしなくて済みます。

 

また、業者を頼る場合は定期的な申し込みをすることによって割引が適用される場合もあるので、相談してみると良いでしょう。