オタフクナンテンの植え方の間隔は

オタフクナンテンの植え方の間隔は

オタフクナンテンはナンテンの1種で、四季によって葉色が変化する特徴があり秋、冬になってくると葉が紅葉するためお庭などに植えておくと季節によってお庭の景観に変化をもたらしてくれる植物です。

 

またオタフクナンテンは色々な種類の植物と相性が良いので、他の植物と並べて植えるとお互いを引き立てる魅力を持っていて和洋を問わず用いることができ、よほどのことがない限り枯れることがないと言われるほど丈夫でもあるため、おしゃれなお庭作りには欠かすことができないと言っても過言ではない植物でもあります。

オタフクナンテンは結構オールマイティー

オタフクナンテンは日がよく当たる場所はもちろんですが、半日蔭になってしまう場所でも育てることができるので広い範囲で用いることができるのも特徴です。

 

ただし夏の西日など直射日光が強すぎてしまう場所に植えてしまうと、葉焼けが起こってしまったり新芽が痛んでしまうことがあるため、美しく育てるようにするためにはできるだけ強い直射日光は避けるようにすることが大切です。

 

また耐陰性があるので多少日陰でも育ちますが、あまり比価が良くない場所の場合には枯れることはなくても葉の色が悪くなってしまったり、秋や冬の時期の美しい紅葉が楽しめないことがあります。

オタフクナンテンの植え方と植える時期はいつがいい

オタフクナンテンの植え方ですが、植えつけは3月から4月ごろに行うのが最適です。

 

お庭に地植えすると言う場合には、植えつけを行う10日から2週間前くらいに植えつける場所の土をよく耕しておくようにしましょう。

スポンサードリンク

 

水はけがよく、水持ちの良い土を好むので、植えつける場所の水はけが良くないようであれば赤玉土や鹿沼土、腐葉土などを混ぜて調節するようにしましょう。

 

また風通しが悪い場所の場合には害虫や病気の原因となってしまいやすいので、できるだけ風通しの良い場所に植えるようにすると良いです。

オタフクナンテンの植え方の間隔はどのくらい

株同士の間隔は30cmほど取るようにすると良いです。鉢植えの場合の植え方は、植えつける苗よりも2回りくらい大きめの鉢に植えるようにしましょう。

 

鉢のそこが隠れるように鉢底石を敷いたら、上から用土を入れて植えつけていきます。この時に使う用土は市販の培養土で良いですが、小粒の赤玉土や腐葉土を混ぜたものを使っても良いです。

 

地植えの場合も鉢植えの場合も植えつけた後には水をたっぷりと与えるようにしましょう。

 

その後の水やりの間隔は地植えの場合は降雨だけでも十分ですが土が乾いてるなと感じたら水をあげるようにすると良いです。鉢植えの場合も土の表面が乾いていたら水を与えるようにしましょう。