庭に人工芝を敷くメリットとデメリット雑草対策のために

庭に人工芝を敷くメリットとデメリット雑草対策のために

一戸建て住宅などにお住まいの方ならば、庭を有していることになり、その使い道について考えてしまうこともあるでしょう。

 

例えばガーデニングなどを好んで行っている方の場合では、庭には土を入れて芝生を生やしたり、樹木や花を植える方、家庭菜園などを楽しむ方も多くいます。

人工芝は雑草の片付けなどを嫌がる方に・・・

しかし、人によっては雑草の片付けなどを嫌がる方も多く、ガーデニングは庭の一部分でのみ行って、余っている部分に関しては面倒な作業を強いられることなく庭の設定を行う方もいます。

 

このような条件の方の場合では、人工芝を用いる方法があり、雑草対策を行うことも不可能ではありません。例えば土の地面に対して除草剤などを撒いてその上に人工芝を敷き詰める方法、雑草を防ぐシートなどを敷いてから人工芝を敷き詰める方法も効果があります。

人工芝のメリットは

この状態で使った場合ではメリットの大きなものとして活用することができ、余計な雑草などが殆ど生えてこない状態にすることができるので、余計なお手入れをすることが無くなります。

 

同時に本物の芝生のように成長してしまうことが無いので、芝刈りなどを行う必要もなく、安定した状態で利用を継続できます。販売されている種類によっては、芝の長さなどが異なるものがあるので、使い勝手や利用目的などを考えて購入することが良い方法です。

 

メリットとしては他にお子さんがいるご家族の場合でも、安心して遊ばせることができるスペースとして利用することができ、害中なども発生しない状態に仕上げることができます。

スポンサードリンク

 

他にも汚れが付いてしまった場合でも、水道ホースで洗い流すことができる使い勝手の良さもあります。

人工芝のデメリットは

逆にデメリットに感じてしまう部分もあり、事前に知っておくと便利になります。

 

デメリットに関しては、夏の暑い季節になってしまい、炎天下の下で利用している場合では、芝が高温になってしまう可能性があるので、小さなお子さんなどがいる場合では、火傷の注意が必要になります。

 

砂や土汚れなどが蓄積されてしまった場合では、コンクリートなどの地面と違い、簡単に掃除ができない不都合さもあります。

 

現在では非常に耐久性に優れいる人工芝が販売されている状態にありますが、品質が劣っている素材を購入してしまった場合では、短期間で敷き直しを行うことが求められてしまうこともデメリットに考えることもできます。

 

総合的な判断としては、雑草対策用として利用する分には、人工芝は非常に効果的になり、人工とはいえ綺麗な緑を住宅に用意することができる一品です。