キンメツゲの剪定時期はいつ頃がいいの

キンメツゲの剪定時期はいつ頃がいいの

家の周りを彩るためには、外構にこだわってみるのもいいでしょう。外構の見た目が良ければ、家の雰囲気も良くなっていきます。

 

最近、家の周囲にキンメツゲを植えている方をよく見かけます。庭木を植えることによって家の雰囲気もよくなっていくだけではなく、プライバシーも守ることが出来ます。

 

家の周囲に何も植えていなければ、中が丸見えの状態になってしまいますが、キンメツゲがあることによって中の状態が見えにくくなり、プライバシーを守りやすくなるのです。

 

中が丸見えの状態では、家の中でゆっくりとすることが出来ません。家で落ち着いた生活をするためにも庭木は効果的です。

 

しかしせっかくキンメツゲを植えてあったとしても、まったく剪定をされていないような状態では、見た目が悪くなってしまいます。

 

手入れが行き届いていない状態では、家も荒れて見えてしまいますので、定期的に剪定をして手入れするようにしましょう。キンメツゲを剪定するのであれば、どの時期を選んでするようにしておくといいでしょうか。

キンメツゲの剪定時期はいつ

剪定時期として適しているのは、春から秋にかけての間で行うようにしておくのが適しています。この時期であればいつ行っても特に問題ありませんが、たびたび剪定を行うのは大変です。

 

スポンサードリンク

剪定を行う場合に、業者に依頼をして行うのであれば、数万円程度は必要になりますので、たびたび依頼をすればお金がかってしまいます。

 

自分で行って失敗してもいけませんので、業者に依頼をしようと思う人は、剪定回数を減らしながら手入れをしていくようにしましょう。

 

剪定回数を減らすためにできることは、まずは梅雨時期以降に一度剪定をすることです。

 

それから10月ごろに剪定をするようにしておけば、春先くらいまではそのままの状態で維持しやすいですので、年に二回程度の剪定で美しさを維持しやすくなりす。

 

剪定時期を正しい時期に行うようにしておくことでいい状態を維持しやすくなり、美しい状態を保つことが出来ます。枝が枯れてきている部分に関しては、取り除くようにしても問題はないでしょう。

 

しかし下枝が出るまでには、ある程度がかかると思っておかなくてはなりません。数年程度はかかりますので、気長に待つことです。

 

キンメツゲは成長が遅いですので、他のものに比べても手入れがしやすくなります。手入れがしやすいからと植えたものの、まったく手入れをしないのはいけませんので、必要な時期に必要な手入れをするようにしていく事です。