除草剤の安全性について庭への除草剤の子供への影響

除草剤の安全性について庭への除草剤の子供への影響

庭を所有している家庭の場合は定期的に庭を管理・手入れする必要があるのですが、特に気になってくるのが雑草の存在です。

 

手で一つ一つ抜いていくのは手間や労力がかかるので手段のひとつとして除草剤が検討されることが多いのですが、実際に除草剤を使用する際に気になってくるのが安全性です。

 

一気に雑草を処分することが出来る便利さはメリットなのですが、使用した場合は身体に害はないのかどうかというところは気になりますし何よりも子供がいる家庭の場合は何らかの影響があるのかどうかは気にしておくべきポイントになります。

除草剤で安全なものってあるの?

まず除草剤と言うのは言い方を帰れば枯葉剤のことを指しており、これを戦争で使用したことによって赤ちゃんに奇形が出たなどの問題があることから健康被害への影響が気になります。

 

ですが基本的にホームセンターなど一般的に販売されている除草剤は健康被害が出ない安全性を重視したものが中心となっているので、身体に取り込んだところで影響が出なかったり子供が飲み込んでしまってもある程度安全であるとされるものが多いです。

 

特に最近では食品添加物から作られたと言うものもあるようで、安全性に気をつけているものが数多く販売されています。

 

アース製薬 アースガーデン みんなにやさしい除草剤 おうちの草コロリ ジョウロヘッド 2L

価格:876円
(2016/6/6 10:41時点)
感想(2件)

このような、食品成分でできた安全な除草剤もありますが効果のほどはよくわかりません。

 

スポンサードリンク

なので一般的なものは特に健康被害を気にする必要はないといえるのですが、中には取り込んでしまったら何らかの影響や被害が出てしまう可能性があるという強力な効果があるものもあります。

 

また安全性を考慮されていると言っても100パーセント大丈夫と言うわけではないですし、草などを枯らしてしまう効果があるものを大丈夫だからと言って何の心配もなく使用すると言う事に抵抗を感じる人も少なくありません。

お子さんのいる家庭で除草剤を使うのが心配なら

なので特に子供がいるような家庭の場合はできる限り使わないようにすることが望ましいと思われますし、薬を使う以外の雑草の駆除方法を検討した方がいいのではないかと考えられます。

 

それでも庭が広かったりなかなか手入れや管理に時間をかけられないという場合があるので、どうしても除草剤を使わないと管理ができないと言う場合は濃度を薄くした希釈したものを使用したり、使った後の庭に子供を近づけないようにするなどの対処や配慮をすることが必要になります。

 

それでも気になるという人はコストはかかりますが業者に管理や手入れを定期的にお願いするなどの対応をする必要がありますが、業者でも薬品を使うところも少なくないのでその点を注意する必要はあります。安くすませたいのであれば、シルバー人材などにお願いするといいですよ。

雑草対策として除草剤のほかに安全な方法は

除草剤を散布するほかに考えられることは、手間でも鎌で草むしりをする・・鎌でするのがいやであれば、草刈り機で処理をする。

 

そのほかにも、塩水をかけるという方法も聞きますがこれはおすすめしません。土壌をダメにしてしまいます。その後なにかを植栽しようとしても、植えられなくなります。

 

あとは、防草シートや玉砂利・砕石・固まる土などがあります。どうぞご参考までに。