ヒラドツツジの花の特徴と育て方

ヒラドツツジの花の特徴と育て方

ヒラドツツジは、長崎県の平戸市で栽培されたことからその名がつきました。ケラマツツジ、モチツツジ、キシツツジなどの交配種で、交配が何度も重ねられたため園芸品種は多数あります。

ヒラドツツジの花の特徴

常緑低木で4月から5月頃に、枝先に大きな花を咲かせます。花の色は白やピンク、赤、赤紫などがあり、色の濃淡も様々あります。刈り込みに強く萌芽力も強いのが特徴で、街路樹としてもよく使われています。

 

庭木や庭園樹、公園樹などにもよく植えられています。主な品種には、大紫や曙、舞姿、白妙などがあります。大紫はヒラドツツジを代表する品種で、ケラマツツジとキシツツジの交配によって生まれたとされています。

 

赤紫の大輪で、丈夫で育てやすい花です。曙は大紫の枝変わりによって生まれたもので、淡いピンク色の大輪種です。舞姿は、ピンク色の大きな花が特徴で大変美しい花です。白妙は曙の枝変わりで生まれたもので、白い花の中では最もよく植えられています。

ヒラドツツジの育て方

ヒラドツツジの育て方を見ていきます。まず植え付けは春でも秋でも行うことが可能です。植え付けは根鉢の3倍程度の植穴を掘って、庭土と堆肥をよく混ぜ合わせて植えつけるようにします。

 

木が大きくなるので鉢植えには向きませんが、大き目の鉢を使用すればある程度の大きさまでは栽培することができます。庭植えにした場合は、根付いてしまえば水をやる必要はありません。鉢植えにした場合は水切れしやすいため、十分な水を与えるようにします。

 

スポンサードリンク

日当たりの良いところを好むので、日当たりが良く水はけも良い場所に植えつけます。日当たりがあまり良くない場所に植えつけると、花付きが悪く咲く花の数が減ってしまいます。

 

しかし、鉢植えの場合、真夏の暑い時期には水切れしやすくなりますので、半分くらい日陰になる場所で管理するのがおすすめです。

 

肥料は肥えた土壌なら特別与える必要はありませんが、そうでない場合は油カス主体の肥料を2月頃に与えるようにします。

ヒラドツツジの肥料をやる時

肥料をやる時は株元に置かずに、離して置く必要があります。ヒラドツツジは根が浅く、根に肥料が当たると傷んでしまうことがあるからです。

 

また、ツツジは酸性の土壌でないと枯れてしまいます。そのため、植え付け時に鹿沼土をいれておく必要があります。

 

それから、ヒラドツツジは他のツツジに比べて若干寒さに弱いのが特徴です。寒冷地では枯れてしまうこともあります。鉢植えの場合は、霜の当たらない場所に移すのが無難です。