ゴールドクレストの剪定時期はいつがいい

ゴールドクレストの剪定時期はいつがいい

ゴールドクレストとはヒノキ科イトスギ属の針葉樹で、コニファーの定番として安定した人気のある品種です。

 

円錐形のこんもりと茂った形から、クリスマスツリーとしてもよく用いられます。ゴールドクレストは寒さに強いものの、反面暑さにとても弱く、特に日本の夏のような高温多湿な環境ではきちんと剪定を行って風通しを良くしておかないと、夏場の蒸れで変色したり枯れてしまう可能性があります。

 

比較的管理が容易とされていますが、冷房の効いた室内にある場合はともかく、庭木として植えている場合は日本の夏を乗り越えられず、大きな木になる前に枯れてしまうケースが多く見られます。

 

また、大きく育ったとしても、20mを超えるような大木になると、風の強さに負けて倒れてしまうため、高さを保ちながら重さを適正に維持するための剪定が必要となってきます。

ゴールドクレストの剪定は季節の良い時期を選んで行う

ゴールドクレストの剪定時期とはし、梅雨前の3月から6月頃と、夏が過ぎ去った9月から10月頃が適しています。

 

梅雨は気温が高く湿度が増し、ゴールドクレストの苦手とする環境になるため、きちんと剪定を行っておかないと内側の葉が蒸れてしまいます。

 

3月から6月にかけてしっかり剪定をしておけば、9月から10月にかけての秋の剪定は、樹形を整える程度で問題ありません。

 

真夏を避けるのは暑さで木が弱っているためで、剪定を行うと樹木にダメージ与えてしまう可能性があります。

 

スポンサードリンク

ゴールドクレストの剪定は剪定ハサミを使うと茶色くなる

 

ゴールドクレストなどのコニファー類は、市販の剪定ハサミなど金属を使って刈り取ると、その箇所が赤く変色して一カ月程度は色が消えません。

 

そのため、大まかな形を剪定ハサミを使って整え、最後の刈り込みは手で一枝ずつ摘み取っていくと変色を防げます。

 

大きくなったからといって、テッペンを強く刈込がちですがそれはやらないでください。

 

新しい葉っぱが出せずに枯れてしまうこともありますので・・・。

 

強い刈込はさけなるべく、葉っぱを摘み取る、枝を抜く剪定で形を整えるといいでしょう。

剪定の方法もこれも絶対にダメというわけではなく、金属のハサミを使うと変色するので剪定した後の見た目わるいので手で剪定するということです。この変色も新芽が伸びてくると治ります。ただ刈り込む時期を間違うと、茶色のまま枯れてしまうことがありますので注意してください。実際のところ、専門の業者さんも、金属のハサミを使用しているのですが。

コニファーの剪定動画