大きくならないコニファー の種類は

大きくならないコニファー の種類は

クリスマスによく見かける「コニファー」クリスマスツリーはゴールドクレスという品種が有名ですが、一般的にはマンションの目隠しや住宅街の仕切りとして用いられることが多いです。

 

太陽に向かって伸びるように育つコニファーは、そのまっすぐな成長ぶりからも未来を目指す姿に似てるとされ「エネルギーをくれる植物」とされ、また比較的育てやすく成長力が高い植物なので、手軽にガーデニングが楽しめる植物としても人気があります。

 

コニファーを選ぶ際に注意することは

とは言えコニファーの種類は多種多様で、特に初めてコニファーを育てる人は何を選んでよいのか迷ってしまうほどの種類の豊富さです。

 

大型マンション・企業などの囲いとして5m以上にも成長するゴールドクレスト・エレガンテシマ・スカイロケットなどが適していますが、一般的な住宅内の囲いや目隠し代わりにコニファーを選ぶ際はあまり大きすぎるコニファーを選んでしまうと、成長後のお手入れなどのメンテナンスが大変になってしまう不便さにもつながってしまいます。

 

また隣接したお隣の家にまで成長したコニファーがかかってしまい隣の家から苦情がくるなどということもありますから・・・隣接する家の境界には大きくならない庭木を植えるといいですね。

スポンサードリンク

 

では大きくならないコニファーの種類は・・・

 

比較的大きくならないコニファーとしては、ブルーエンジェル・ウィルマ・シルバースターなどを選べばある程度の高さで収まりますのでさほど大きくなりすぎず近隣に迷惑をかけるといった心配も軽減されます。

 

また観賞用で楽しみたいという方は、ラインゴールド を選ぶとまりものようなコンパクトなコニファーがプランタ内で楽しむこともできます。

 

また一軒家をお持ちでお庭の敷地にゆとりのある方は、ブルーパシフィックなどを選ぶと縦に伸びず地に這い広がるようにワイドな成長ぶりで、もくもくとしたグリーンに癒されるお庭になりとても目にも鮮やかなお庭になります。

でも、大きくならないからといってもやはり手入れをしないと樹高が高くなりますので、自分で手入れできる高さを決めてそれ以上たかくならないよにすることが大事ですので注意してくださいね。