これだけは押さえておきたい!クリスマスローズの基本的な育て方

これだけは押さえておきたい!クリスマスローズの基本的な育て方

クリスマスローズを育てる場合は、次のことに気を付けて育てましょう。

クリスマスローズは水やりには注意

まずは、水やりの方法です。水やりは土が乾いてからやりましょう。乾燥気味にするのが上手に育てるポイントです。

 

クリスマスローズは乾燥には比較的強いですが過湿には弱く、根腐れをしてしまう場合もありますので、水のやりすぎには注意してください。

 

ここで言う水のやりすぎというのは1回の水の量のことを言うのではなく、頻度のことです。水の量は冬や夏などの季節にかかわらず鉢底から水が染み出すくらいまでしっかりとあげましょう。

冬の水やりの管理

ここで、季節ごとの水やりについて説明します。冬はクリスマスローズを鉢植えで育てている場合、午前中に水をやりましょう。

 

午後に水をあげると、土に残った水分が外気の寒さで霜柱になり、クリスマスローズを傷めてしまう場合があります。

春の水やりの管理

春は冬に比べて気温が上がってくるため土の渇きが早くなります。したがって、土の渇きをこまめに確認して水をやるようにしましょう。

 

葉っぱが垂れ下がってきている場合は水が足りない証ですので、水をあげてください。夏、クリスマスローズはお休みをします。

 

スポンサードリンク

そのため害虫が発生しやすくなります。したがって、水をあげる時に葉っぱの裏まで水をかけてあげて水を流すように心がけましょう。

 

先ほども述べたように乾燥には強い植物ですが、極度の乾燥の場合は水切れを起こしますので、クリスマスローズの様子を見つつ、しっかり水をあげてください。秋は土が乾いたら水をやるようにしましょう。

クリスマスローズは暑さに非常に弱い

次は日当たりについてです。クリスマスローズは暑さに非常に弱いため、特に夏は日陰で育てるようにしましょう。

 

直射日光が原因で葉っぱが傷みやすくなります。クリスマスローズが枯れるかどうかは夏の管理にかかっているといっても過言ではありません。夏は極力日陰で育てるようにしましょう。

クリスマスローズ育て方で注意する点

その他、クリスマスローズの育て方がわからないという人や初めてという人は鉢植えから挑戦するとよいでしょう。

 

また、植え替え用の土はクリスマスローズの土というのがありますのでその土を使用すると育てやすいです。

 

注意すべき点としては、葉っぱなどで傷ができる場合もありますので気を付けて作業すること、葉っぱや茎、花の汁は皮膚が触れるとかぶれたり、水ぶくれができたりするため注意すること、最後にクリスマスローズの根は猛毒が含まれているため絶対に食べないことなどがあります。

 

剪定や植え替えをする場合は手袋をして作業するように心がけてください。