落葉樹の剪定

3/3ページ

サルスベリの剪定時期とこぶの剪定はどうすればいい

サルスベリの特徴 サルスベリは、幹の成長に合わせて樹皮が剥げ落ちる為に滑らかな新しい樹皮となるので、猿も滑り登れない事からその名がついたとされる一方で、花が7月から9月の約3カ月間の100日間つぎ次々に新しい花が咲き乱れる事から百日紅とも呼ばれています。   サルスベリは、一般的に1年で50cmから100cm程度新しい枝が成長するとされているので、剪定方法としては太い枝と細い枝の境目で短 […]

落葉樹の剪定冬の時期に剪定しても大丈夫

枝や葉、幹を切り整えることで樹勢の均一を図り、すべての葉に日当たりを良くすることで元気な樹木にするのが剪定の役割です。   落葉樹は庭木として良く使用され、モミジやカエデ類、ハナミズキやアジサイなど人気のある樹木が多いのが特徴で、剪定して大切に育てたいという人も多いでしょう。   こうした落葉樹は11月から翌年の3月までの冬の間に葉を落とすことで休眠状態に入り、春頃になると花を […]

もみじの剪定時期と方法を間違えると大変ですよ

もみじは昔から親しまれてきた庭木で、春には新緑、秋には紅葉と、とても日本の風景には欠かせない樹木で、庭木としてよく使われる樹木です。 しかし、大きくもなりますから年に1回は剪定をしていないと・・・。   もみじはカエデ科のカエデ属の樹木で、もみじとは「紅葉(もみじ)」することからきた俗名であり、植物学的には「カエデ」と「もみじ」の区別はしないようです。   しかし、盆栽などを楽 […]

柿の剪定で徒長枝はどのように剪定すればいい

柿の木は、その土地の風土や風通しなど環境に左右されますが、ほとんど何もしなくても元気に育つ場合もあります。   しかし、原則的には剪定をしてやらないと、枝が増えすぎて思うような形にならず、また日当たりも風通しも悪くなり、最後は害虫に侵されるということになってしまいます。   ではどのような剪定をしていけばよいのでしょうか。 柿の木は、高さに制限すると収穫もしやすい 放っておくと […]

1 3