芝生の手入れ

1/2ページ

芝生の肥料にメネデールその使い方は

青々とした素敵な芝を育てるためには、肥料を与えるのが効果的です。そこで、特に芝生におすすめな肥料として知られているのが、メネデールと言われるものなのです。 メネデールの使い方 このメネデールは、チッソ、リン酸、カリという3つの要素に加えて、特に芝生が必要とする栄養である鉄も強化しており、各種活力素をバランスよく配合してあります。   そのため、青々とした美しい芝が育ちやすいと評判で、芝生 […]

芝の種類は各芝の特徴やポイントは

自分の家を購入した時などに庭一面に芝を植えるのを夢見ている人も多いと思います。一言で芝と言っても、多くの種類がありますし、芝によって特徴も様々になるので、環境や好みに合わせた選び方をする必要があります。   一般的に日本の物と西洋の物に分類をした時に、日本の物は夏の暑さに強いと言われ、西洋の物は冬の寒さに強いと言われていました。現在は、色々な品種改良が行われた結果、西洋でも暑さに強いタイ […]

芝生の肥料の液体ってムラにならない

固形肥料の場合ムラにならない工夫が必要 芝生を成長させる為には肥料を与えて栄養補給を適宜行います。利用する場合は固形の物と液体の物が有りますが、固形の場合、一か所に多く撒きすぎてしまったりする事もあります。 まずは庭の広さを確認し、さらに肥料を撒く量を計算し、必要な量を用意して庭に巻きます。   手でまくとムラになってしまう事もあるので、広範囲で撒く場合は散布機を利用するとムラにならずに […]

芝生の購入はどこがいいの価格は面積との割合は

庭に芝生が広がっているのはすがすがしいだけでなく、コンクリートやアスファルトよりも地温が低くなるので暑さ対策も期待できます。そのような芝生の庭を手に入れるには具体的にどのようにすればよいのか見ていきます。 芝生はどこで購入するの季節はいつがいいの まず、芝の購入ですが、一番手軽なのはホームセンターのグリーンコーナーで手に入れることです。ここで注意したいのは、いつでも売っているとは限らないという点で […]

芝生の張り方と時期は

昨今ではDYIがブームとなっていますが、その中で自分で芝生を植える方も増えています。芝は日本を代表する文化であり、それが形を変えつつ受け継がれています。   一見難しそうに思えるかもしれませんが、張る時期と張り方を間違えなければ、誰でも簡単に育てることができます。 芝生を張る時期について まず芝生を張る時期ですが、これは植物が徐々に成長していく春が良いとされています。具体的には3月から5 […]

高麗芝に発生する病気と対処法について

芝生に異常などは発生してしまった場合は、ほとんど病気か害虫などが原因となっています。このような時には、それぞれの症状に合わせての対策が必要になってくるので、原因が何によるものなのかをしっかり見分ける必要があります。 病害虫に負けない強い芝にする まず、芝生を育てていく上で大切になってくることは、病害虫に負けないような芝生に育てることが大切です。   そのためには、普段から芝生に十分な肥料 […]

芝生の除草剤の散布時期はいつがいい年間何回くらいおこなうの

芝生がある家を購入した場合、こまめに手入れする必要があります。管理の基本は、芝刈りを定期的に行うことで、美しい芝生を保つことができるのです。   芝刈りをするついでに、雑草の処理もすることができます。刈高は、2〜3センチに保つのが理想です。梅雨明けから成長が著しくなるので、伸び具合を丁寧にチェックして、早めに芝刈りを行うことが大切です。   水分を含んだ状態で芝刈りをすると、芝 […]

芝焼きの時期はいつがいい

芝焼きは空気が十分に乾燥する冬場に行うのが基本ですが、その中でも適切な時期があるため、気候条件にも配慮しながら計画を進めていきます。 芝焼きは2月頃が適切なのは 12月の段階では早すぎるため、しばらくは様子を見ていきます。年末年始の時期には芝の色彩も茶色に変化して、徐々に燃やしやすい状態になります。2月を過ぎた段階で準備をして、本格的な芝焼きを行うことにします。   2月頃が適切なのは、 […]

芝刈機は手動と電動どちらを使えばいい

  家の庭に芝生の管理は思っている以上に大変です。芝生の生長期ともなれば何回も芝刈りを行なわなければなりません。   さて、芝刈りといっても様々な種類のものがあることをご存知でしょうか。   ご家庭で使用するのであれば、電動式か手動式で十分であると思います。エンジン式もありますが必要ないと思います。必要ないといっても、広い庭の芝があるというのであればエンジン式を考えて […]

芝生の肥料のまき方や時期どんな肥料をどのくらいまくの

芝生を美しく育てるためには肥料を使用することが大切ですが、その環境によって必要な種類や量が変わってきます。   例えば踏まれる機会が多い芝生の場合はダメージを受けやすく、より質の高い肥料が必要となります。 芝生肥料には液体と固体・・即効性と持続性はどちらも重要 肥料には液体の物と固体の物があり、性質がやや異なります。液体の物は即効性が高い一方で持続性が低いという特徴があり、固体の物は即効 […]