生垣

2/2ページ

ボックスウッドの生垣が丸見え・・・何年くらいで生長する

ボックスウッドを生垣に利用する場合は、生長した時のサイズに合わせて植えます。大体30㎝から50㎝程度の間隔でそれぞれの木を植える事で、将来的に見た目の良い生垣になりますが、最初はそれ程木が成長しているわけではない為外から内側が丸見えの状態になります。   ボックスウッドはツゲ科の常緑樹です。刈込をする事が出来る物で、生垣として利用する場合は大体1.5mから2m程度に生長します。 ボックス […]

生垣に適した庭木はどんなものがあるの?

生垣を利用する事によって、その家の庭、敷地等がまた違った見た目となるだけでなく、通行人からの視界を上手にさえぎって貰う事もできる為、庭の中等をのぞかれてしまうという心配も減ります。   また強風を予防したり音をさえぎったりする効果も期待できる為、結果的には家を守ったり静かな環境を作ったりする効果も期待できる為、充分利用する価値はあると言えます。   地域によっては街の市景100 […]

サザンカの剪定刈込みバサミを使わずヘッジトリマーで剪定してもいいの

サザンカや椿などの生垣を綺麗な状態に保つのは、なかなか難しいです。すぐに枝が伸びてきて、形が崩れたりします。   サザンカや椿の生垣を本当に綺麗に保つには、少なくとも年に二回くらいは剪定をしましょう。プロに頼んでもいいですが、自分でやる方も少なくありませんね。   剪定には刈込みバサミとヘッジトリマーを使うようにしましょう。ヘッジトリマーは、刈込みバサミよりも効率良く剪定するこ […]

マサキで生垣を作りたい注意すべき点はオウゴンマサキは・・・

マサキは日本で昔から生垣としてよく使われてきた広葉樹です。   1年中葉が茂る常緑で、夏には花をつけ、冬には赤い実をつけます。寒さに強く、日の当たりも問わず丈夫で、剪定にも強いことから生垣に適した樹木です。   マサキは葉の色の種類や、班のあるもの、葉の形の違うものなど様々な品種があります。   オウゴンマサキは全体が黄色く、新芽ほど黄色いですが時期が経つにつれ色が濃 […]

サザンカの生垣どんな品種がいいの

家の生垣としてサザンカを植えて、花が咲いた時には家の周りをきれいに見せたいと思う人は多くいます。扱いやすく、白い花から赤い花、花の咲き方も品種によって様々です。   実際どういった品種のサザンカを植えるべきなのか、あまり分かっていない人も多くいます。 サザンカの生垣を作るのに考えることは 生垣にするには、どこまでの高さとなるのか、葉はどこまで大きくなるか、成長はどれだけ早いのか、花はいつ […]

ドウダンツツジの生垣どのくらいの間隔で植えればいい?

春に白いツボ状の小さい花を咲かせ夏にみどり色の葉、秋には紅葉と四季折々の顔を見せてくれるドウダンツツジ・・・生垣として非常に好かれているみたいで、いろんなところで見かけますね。   ドウダンツツジを生垣にしたいんだけど、実際にどのくらいの間隔で植えればいいの?   間隔を詰め込みすぎると狭くなるし、生育を見込んで離しすぎるとどうも隙間が目に付きます。 そんな疑問にお答えします。 […]

プロが教える生垣バリカン(ヘッジトリマー)の選び方

生垣の剪定どうですか?なかなか大変な作業ですよね。   業者さんに頼めばお金も掛かるし自分で生垣用のバリカンを購入して剪定したい。 毎年の作業・・刈込みバサミでは、手も疲れるし時間もかかりますね。   もっと時間と手間の掛からない方法はなにか・・・。それは、機械を使用することです。   みなさんは、生垣バリカンといっていますがこの言い方も間違いではありませんが、実際に […]

生垣の上手な剪定と手入れの方法

生垣を美しく保つためには、小まめな手入れ(剪定)が欠かせません。   通常・・生垣をキレイに維持すするためには年2回の剪定が必要ではないかと思います。   時期的には、春の新芽が伸びるのが止まった6月から7月に伸びた上部・側面を刈込みます。   そして、夏から秋にかけて土用の丑の日位までは枝がのびますので、再び徒長枝などが出て 樹形がみだれるので、秋の刈込みを行います […]