生垣

1/2ページ

スカイペンシルの生垣を作る注意するポイントは

スカイペンシルの樹形は細長いのが特徴で、生垣にするためには横よりも上部の空間が必要になります。   高さについては最長で8メートルほどになるため、上部のクリアランスが十分に確保できない場合には、狭苦しい状態になることが考えられます。開放感のあるクリアランスを確保できる庭であれば、最大限にまで樹高を伸ばしながら、躍動感のある見た目にすることができます。 高さ重視にするなら暴風に対する配慮を […]

トキワマンサク生垣・シンボルツリーの剪定の仕方

トキワマンサクは非常に大きな植物です。横には3mほど伸び、縦には5mほど伸びることもあります。しかし庭で育てる場合は、その3分の1程度の規模に抑えるのが一般的です。   トキワマンサクの剪定は、他の庭木と異なる点が少なくありません。やみくもに管理していると、寿命を縮めたり近所に迷惑をかけたりする可能性があります。そこで今回は、トキワマンサクの剪定や手入れの方法について紹介します。 &nb […]

ナチュラルガーデンに合う生垣の種類は

最近雑誌の特集でもよく見かけるDIY(Do It Yourselfの略語で、自分自身でやるという意ですが、専門家に任せず自分自身で身の回りの空間を快適にしようとする事を指します。)の影響もあり、玄関や庭といった家の周りを整える人が増えています。   皆さんの中にはナチュラルガーデンという言葉を聞かれた事がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。 ナチュラルガーデンってなに・・・ ナチュ […]

生垣とフェンス目隠しにするならどっちがいいかな

住宅の1階部分や、庭の様子を周囲から見えないようにするには、生垣やフェンスを使うのが一般的です。どちらの方法を目隠しとして使うかについては、完全に好みで構いません。両者のメリットや違いを見て、判断してみましょう。 フェンスの目隠しメリット・デメリット まず、フェンスの特徴ですが、設置場所に合わせて作られたり、既製品から選んで設置しますので、理想とするサイズで初めから設置しやすいメリットがあります。 […]

ローズマリーの生垣注意すべきところは

ローズマリーはシソ科の常緑性低木で、生垣に相応しい植物です。ヨーロッパを中心に世界でもポピュラーなハーブの1つで、古代から中世でも使われていた記録が多数残されています。精油成分を含む為、とても強い芳香を持ちます。 この香りの成分には薬効もあり、昔から人々の薬として、厄除けとして、料理にと多様に使われてきました。その為、ヨーロッパでは今でも公共のガーデンや民家の庭先にローズマリーが植えられているのを […]

レッドロビンの生垣のメリットとデメリット

レッドロビンは常緑樹で、その名の通りに新芽が赤い葉を付ける事があると共に、緑の葉を付けている際も色鮮やかな為に鑑賞には向いた樹木です。そして、花は5月から6月にかけて開花しますが、実は成り難いので落下して周辺を汚したりしません。   成長が早くある程度の長さまで生え揃い易いので、高さが調整しやすいので剪定もらくなため、生垣に適した樹木として人気があるようです。そんなレッドロビンのメリット […]

サザンカの生垣の剪定をヘッジトリマーで剪定するまとめ

漢字で山茶花と表記するサザンカは、秋から冬にかけての寒い時期に花を咲かせる花の代表であり、その葉の美しさから生垣にも多く使われる樹木です。   サザンカを始めとするツバキ科の常緑広葉樹は成長は遅いですが枝はぐんぐんと伸びてくるため、樹形が崩れることも多く、生垣として利用している場合はキレイに保つのが難しい面があり、2回/1年という程度の剪定が基本となります。 生垣のように刈込み範囲が広い […]

シラカシの生垣剪定のポイントは

シラカシはブナ科コナラ属の常緑高木で、原産国は日本及び朝鮮半島です。日本国内では東北地方の福島県以西の山地に生育します。関東地方では家の北側に植えて、空っ風を防ぐ防風林として利用されてきました。 シラカシは材が白いのでこのように呼ばれますが、樹皮が黒いのでクロカシとも言われます。一般的にはドングリのなる木として知られています。   樹高は20mに達し、葉は5~12㎝の長楕円形で、厚みがあ […]

生垣用の電気バリカンはどのくらいの枝の太さまで切れるの

生垣の剪定は毎年必要であり、なかなか大変な作業です。刈り込みバサミでは手も疲れるし時間もかかります。かといって業者に頼めば料金もかかるし…という方には生垣用バリカンをおすすめします。   生垣バリカンは、正式名称「ヘッジトリマー」と呼び、充電式・コード式・エンジン式の3つのタイプに分かれます。この3つのタイプの中でおすすめなのはコード式タイプのものです。 コード式タイプはなぜオススメか […]

プリペットの生垣のメリット・デメリット

生垣用の樹木として人気のプリペット。洋風の家にマッチすることもあり、街中でプリペットの生垣を目にすることも多くなりました。   半落葉もしくは常緑低木に分類されるこの樹木は、非常に生命力が強く、枝葉を茂らせる力も旺盛で、少々刈り込んでもほとんど問題ありません。この特性を活かして好きな形に仕立てることができるのも、生垣としての需要が高い理由となっています。   またもともとの樹形 […]