松の木

松の剪定(みどり摘み)は鋏みを使ったらいけないの?

みどり摘みとも呼ばれる松の剪定の仕方についてお話します。   例年5月上旬から下旬頃に松の木に見受けられるのが、開くことなく一本の枝先に対して数本の棒状のものが上方向に伸びていくというものです。   こうした様子には新芽を表すみどりという名称が付いており本数や長さ、形状に差異が見られ木はもちろん、同じ木であっても枝ごとに個体差があります。   みどり摘みは、このように […]

クロマツとアカマツの違いは

クロマツ アカマツ 日本には様々な種類の松が生息しています。   そのなかでも松を代表する種類としてクロマツとアカマツが挙げられます。全国に一番多く分布している事もあり、日本人の多くが「松」と聞いて連想すマツ科マツ属の常緑針葉樹だからです。   このクロマツとアカマツは名前は違いますが、外見がよく似ているので一見すると見分けがつきません。植物学の分類上、同種なので当然といえば当 […]

庭木にする松の木はどんな種類あるの

和風庭園では必ずといっていいほど植えられている松の木。庭木として植栽されている松の木にはで、代表的な種類をご紹介します。   アカマツ その名の通り樹皮が赤いこの松は、枝の優美な赤い色もさることながら葉がやや細くしなやかなので、手で触れてもクロマツほど痛くないため別名を雌松(メマツ)とも呼ばれています。日向を好み、日陰では成長が悪くなります。放任して成長させると樹高20~30mくらいにな […]

松の木の病気・害虫の種類は対策はどうすればいい

松の木には色々な病気や害虫が発生します。そのなかでも、代表的なものについて説明したいとおもいます。   松の木の病害虫画像 菌が繁殖したことによって起こる葉枯病・松葉ふるい病 松の木の病気は色々とありますが、その中でも良く見られるものの一つが葉枯病です。これは菌が繁殖したことによって葉が枯れてしまう病気の事で、この場合ただ葉が枯れているからと言ってそのままにしておくと木全体に菌が広がって […]

松の木の剪定料金の相場は安く剪定してもらうには

松の木の剪定は年に2回、春と秋に行うのが一般的です。春は芽摘みを行う時期で、秋は不要な芽や枝を落としたり、葉を摘み取って行く作業が行われます。   この時は枝に葉がV字に残る様にしながら作業をしていきます。また作業自体は木の上の方から始めて、徐々に下の方に下がって行く方法が取られますが、枝葉の様子によっても松の見た目がかなり変わる為、一般的には松の様子を適宜確認しながらバランスを確認しな […]

松のハダニに効果のある薬剤は

日本庭園に欠かせない庭木と言えば、代表的なもので「松」があります。名前の由来は、「神を祀る」や「神を待つ」といった言葉が転じたものであるとも言われています。   繁殖地域は日本に限ったものではなく、荒地などでもよく育ち、中国の昔話に出てくるような切り立った岩山に生えるその姿は、神秘的な雰囲気を醸し出します。   また、松の種子から取れる「松の実」は栄養価も高く、高価な食材でもあ […]

庭木の松くい虫の対策と防除方法は

今まで庭で家族を見守ってくれていた松が枯れてしまうのは、何とも言えない寂しさがあります。特に松の場合は天敵ともいえる松くい虫がいるので、手遅れになる前に念入りな対策が必要です。   ではどんな対策があるかというと、駆除と予防の二つに分けられます。 松くい虫の対策・・・駆除と予防 駆除対策はもう松くい虫の被害が表面化している時に行います。こうなると他の松に被害が及ばないように切り倒した後で […]

黒松の剪定の基本的なこと・・みどり摘みともみあげ剪定について

松を始めとした樹木が庭にある時、必要なのが剪定です。まず黒松の剪定の基本的なことを説明します。 黒松の剪定の基本的なこと 適当に切ってしまうと見た目も悪くなってしまうため、剪定のポイントを守って行なうことで見栄えのいい松を見ることができるようになります。   作業の基本としてはV字型に枝を残していき、20〜30枚ほど葉を残してむしり取り、勢いの良い枝は極力切り落とすようにして葉を切らない […]