庭木の剪定

2/4ページ

カラタネオガタマの育て方と剪定の方法

カラタネオガタマは、中国が原産のモクレン科の植物です。バナナのような香りがするので、バナナツリーと呼ばれることもあります。   直径2センチメートルほどの細い紅色の縁取りのかわいらしい花をつけ、あたたかい地方向けのシンボルツリーです。縁起の良い木とも言われ、神霊を招く木として神前にお供えした樹木であることから、神社や境内で栽培されることもあります。名前の由来は招霊が由来とされています。 […]

ウツギの種類と育て方・剪定について

ウツギを漢字で書くと空(うつ)ろな木と書いて「空木」となりますが、これは茎の中が空洞になっている為そのような漢字があてはめられたという事です。   ちなみに別名「卯の花」や「雪見草」とも呼ばれます。 ウツギの種類・特徴について 植生としては北海道南部から本州、四国、九州など広範囲に分布し、一般的には野原や山間部、崖といった日当たりの良い地域に育ち観賞用としても用いられます。   […]

ヤマブキの育て方と剪定の方法

ヤマブキはバラ科に属しており丈夫で害虫にも強いため非常に育てやすい品種です。私の実家の庭先にヤマブキを植えて育てており毎年春先の4月から5月にかけて見事な黄色の花を枝先に沢山咲かせます。 ヤマブキの育て方のポイント 育て方のポイントとしては、日当たりが良く水はけの良い場所であれば、特に手間暇はかかりません。但し、地面から沢山の新しい枝を伸ばし長くなると2m程になるので、植える時は広いスペースを確保 […]

ハナモモの剪定方法と剪定時期について

ハナモモはその綺麗な薄いピンクや白、朱の花を鑑賞するため桃を品種改良したものです。驚くことに江戸時代から品種改良が盛んであったために様々な種類が生まれまたそうです。   ハナモモの種類はいろいろありますが大別して立性、矮性の三種があります。   ハナモモには耐寒性も耐暑性もありすし、初心者でも育てやすい植物ですが、日陰には非常に弱く剪定しないでおくと中の枝が枯れてきます。また、 […]

剪定ハサミの消毒はどのようにおこなえばいい

剪定ハサミの消毒は病気に感染した茎や枝を切り落とした際に必要な処置です。   切り落とした時に病気を引き起こすウィルスが刃に付着し、ハサミを媒体にしてウィルスが切り落として元気を取り戻そうとする植物どころか他の植物にウィルスを運んでしまい、結果として病気を広げていくリスクがあるからです。しかし剪定ハサミを消毒すれば、そのリスクを回避する事ができます。   そんなハサミの滅菌方法 […]

沈丁花の育て方・・植え付け・土壌・剪定・肥料

  • 2017.01.05

沈丁花の育て方(植え付け) 沈丁花の育て方は、土壌や日当たりなどの状態を見極めながら、年間を通じて安定した生育が見込める場所に植栽することから始めます。   植え付けの時期は4月から9月頃までが適していますから、冬期には避けたほうが無難です。   春が待ち遠し段階において、4月の時期が到来した場合には、遅霜などの冷害には注意しながら植栽を進めていきます。植え付け後に迎える冬場の […]

大きくなった枇杷の木の剪定方法と時期は

春になると薄いオレンジの色をしたみずみずしい果実がなり、これを自宅の庭でもぎ取って食べるのはとても美味しいものです。 枇杷の木が庭にあるのは楽しみでもありますが、とても成長が早いので剪定するのもたいへんですし、時期を間違うと実が何年もならないということにもなりますので、適切な時期に剪定をすることが大切です。   枇杷の木はすぐに大きくなり、しかも葉が大きく庭の日差しを遮るほどになります。 […]

ゴールドクレストの剪定するとイビツになるどうすればいい

ゴールドクレストは針葉樹で園芸用に開発された品種です。黄緑色の明るい印象が、冬の庭先を華やかに演出してくれるので人気があります。   ゴールドクレストは表面と同様、内側部分の枯れ木をきちんと取り除いてあげることが大切です。枯れた葉を残したままにしておくと、中から虫がわいたり、病気にかかり腐ってきたりすることがあります。 ゴールドクレストの剪定時期はいつがいい この木の剪定時期ですが、真夏 […]

伸びすぎたヤツデの剪定方法と時期はいつがいい

ヤツデといえば合掌する手のように指の数よりも多い数の葉が特徴で、天狗が持っている葉っぱといえば分かるのではないでしょうか。   葉の大きさは20㎝以上もあり、このヤツデの由来は掌状の葉が「八手はっしゅ」と呼ばれていた事から、それが八つ手になったといわれています。   主に関東から西の海岸近くの森林に自生し日当たりの悪い場所でも育ち、毎年晩秋に黄白色の花が個々に集まって球状に纏ま […]

サザンカの生垣の剪定をヘッジトリマーで剪定するまとめ

漢字で山茶花と表記するサザンカは、秋から冬にかけての寒い時期に花を咲かせる花の代表であり、その葉の美しさから生垣にも多く使われる樹木です。   サザンカを始めとするツバキ科の常緑広葉樹は成長は遅いですが枝はぐんぐんと伸びてくるため、樹形が崩れることも多く、生垣として利用している場合はキレイに保つのが難しい面があり、2回/1年という程度の剪定が基本となります。 生垣のように刈込み範囲が広い […]

1 2 4