常緑樹の剪定

2/2ページ

ヤマモモの剪定方法と剪定時期について

ヤマモモは常陽樹で比較的温暖な地域で自生します。日本では主に西日本が自生の中心ですが、関東でも自生できますがその昔、原産国である中国東部から偏西風によってもたらされたとも言われています。   ヤマモモには雄木と実をつける雌木があって6月頃ルビー色の果実をつけ、昔から食用として楽しまれています。   自然の環境下では20m近い樹高になり葉は光沢があって病虫害にも強く街路樹などに使 […]

シャクナゲの剪定の時期と方法は

シャクナゲは、キレイで華やかな花を咲かせる庭木としてとても人気があります。シャクナゲはツツジ科の植物で日本シャクナゲと西洋シャクナゲとに分けて、扱われています。   シャクナゲは本来が高山植物で、夏の暑さ、冬の寒さが苦手です。高山植物なのに寒いのが苦手とは・・そんなシャクナゲの剪定方法や時期についてご紹介します。 シャクナゲの剪定時期はいつがいい シャクナゲは、花を咲かせた後に実を付けま […]

クチナシの大株の剪定の方法はいつおこなえばいい

クチナシは白く可憐な姿からは想像できない程丈夫で、過酷な環境でも生育が可能な植物です。香りも非常に強くてかぐわしく、観賞用として庭に植えるのにも適しています。   クチナシの場合、大型の株になればなるほど根付きが悪くなるため注意が必要です。一度地植えに成功すれば、他の場所に植え替えたりする必要はありません。   スペースが狭い場所では根詰まりを起こしやすいので、春か夏になったら […]

南天の木の剪定伸びすぎた木を適当な高さで詰める方法

南天は定期的に剪定すれば毎年ちゃんと赤い実をつける 南天は、赤い実をつける植物です。日本には古くから、お正月には南天を飾る習慣があり、私たちの生活において、大変身近な植物です。   南天の木は、定期的に剪定をする必要があります。剪定をすることにより、毎年ちゃんと赤い実をつけることができます。 南天の木剪定の仕方のポイント しかし、南天の木は伸びすぎるほど伸びますので注意が必要です。剪定の […]

オリーブの鉢植の剪定方法や時期は

ヨーロッパで馴染みがありオリーブの木は、日本でも洋風の家が増えるにつれ、庭に植えると合うことから育てる人が増えています。   オリーブは常緑樹ですから一年を通して青々とした葉をつけるので見た目も爽やかです。ただ生育が旺盛で枝葉をよく伸ばす性質を持っていますから、定期的に剪定をしなければ樹形が崩れたり、病害虫の被害にも合いやすくなります。 オリーブの剪定時期 剪定時期については、植えて3年 […]